病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 愛知のボランティア募集 求人傾向

愛知の病院ボランティア傾向

愛知の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

愛知には、病院が321施設、診療所が4,460施設、介護施設が8,972施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ151万人だったものが、2020年には191万人に増加し、2030年には200万人まで増加することがわかっています。また、75歳以上人口を見ると、2010年におよそ66万人だったのが、2020年には98万人、2030年には120万人と急激に増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)このように75歳以上の人口が増えることで、医療需要もさらに高くなることが予想されます。

その一方で、看護師や介護愛ヘルパー数は増え続ける医療需要に追いつかずに2020年も2030年も不足感が否めないのが現状です。そこで注目され始めたのが病院ボランティアになります。実際に愛知県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。そのような病院ボランティアに参加されている方の多くは60歳以上のアクティブシニア世代の方々です。病院ボランティアを始めたきっかけを伺うと「病院に通院した経験を活かせると思って」という方や、「この病院に家族が入院してお世話になったのでその恩返しに」という方まで様々です。このように病院ボランティアで活躍されている方の多くは病院との接点が多い年齢層に集中していることがわかっています。

このように病院ボランティアがある年齢層に集中する理由はもう一つあります。
活動時間が平日に限られているためです。一般的に平日日中は仕事でボランティアに参加できない方がほとんどです。そこで愛知の病院ボランティア情報を多く発信することで、多くの方が病院ボランティアに興味を持ち、参加メンバーが増えていけばと願っています。では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。

実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。愛知県には200床以上の医療機関が108施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは47施設(200床以上の病院のおよそ44%)、またボランティアを現在も募集しているのは47施設(200床以上の病院のおよそ44%)となっています。このボランティア活動率は、静岡県の39%と比べるとやや高くなりますが、東京の52%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、東京と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

愛知でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

ではここで、病院ボランティア初心者でも安心して活動できる病院の特徴をご紹介します。
病院ボランティア初心者であれば、ボランティア活動暦が長く、ボランティアメンバー数が多いところがおすすめです。理由は、事前研修や勉強会も活発で、活動内容も多様な場合が多いので、興味のある活動に安心/継続して参加できるためです。また、ボランティア保険や健康診断を求められる病院もあります。この場合、かかる費用が自己負担の場合と病院負担の場合があるため、事前に確認されることをおすすめします。このような特徴を持つ病院は、やはり病床数が200床以上の大きな病院であることが多くあります。

200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でも通院/入院するより多くの患者さんがボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、愛知にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

愛知の病院ボランティア募集情報

愛知の病院では多くのボランティアを募集中

愛知の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、豊明市にある「藤田保健衛生大学病院」や名古屋市にある「名古屋大学医学部附属病院」、長久手市にある「愛知医科大学病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

藤田保健衛生大学病院のボランティア活動

まず「藤田保健衛生大学病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、大きく3つのグループに分かれています。一つは外来でのボランティア活動で、「外来患者さんの案内」を行っています。二つ目は病棟でのボランティア活動で、「食事の配膳/下膳」や「ベッドメーキング」「花壇の手入れ」「小児科病棟での学習支援」などを行っています。最後の活動グループは、ボランティアギフトショップの運営やイベントの運営サポート、移動図書などを行っています。活動時間は、それぞれの活動によって変動するため事前に確認されることをおすすめします。
また、ボランティアに参加するにあたって週に1回以上(1回あたり3時間以上)の活動を6ヶ月以上継続できることが原則となります。参加にあたっては事前につき1回行われる説明会に参加されると事前に病院ボランティアの概要を知ることができおすすめです。

名古屋大学医学部附属病院のボランティア活動

次に「名古屋大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主に「外来受付の補助(代筆、語学サポート、院内の案内)/車椅子介助」を行っています。活動時間は、平日8:30~11:30とごぜんちゅうのみの活動となります。ボランティア参加にあたり、ボランティア保険加入と健康診断の受診が必要になりますが、費用はすべて病院にて負担していただけます。また、病院ボランティアでは珍しく交通費も1日500円まで補助していただけます。

愛知医科大学病院のボランティア活動

最後にご紹介する「愛知医科大学病院」は、複数のボランティア活動を行っている病院です。
例えば、「外来案内」や「院内図書」だけでなく、「がん支援ボランティア」としてアロマハンドマッサージや脱毛された方のための帽子作り、患者さんの相談相手など幅広く行っています。活動時間は、それぞれの活動グループによって違いがありますが、基本的には平日8:30~16:00に活動しています。活動報告を病院のホームページ内で公開されていますので、詳細を確認されてみてはいかがでしょうか。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「名古屋第一赤十字病院」「豊橋市民病院」「名古屋第二赤十字病院」「国立病院機構名古屋医療センター」「愛知県厚生連安城更生病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

愛知県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。