病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 福島のボランティア募集 求人傾向

福島の病院ボランティア傾向

福島の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

福島には、病院が134施設、診療所が1,211施設、介護施設が3,332施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ94万人だったものが、2020年には11万人に増加し、そのまま2030年まで維持する傾向にあります。また75歳以上の人口を見ると、2010年にはおよそ51万人だったのが、2020年には57万人、2030年には68万人まで急増することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

ここの人口推移からもわかるように後期高齢者人口は増加傾向のため、福島県の病院や介護施設でのボランティア募集はますますニーズが高まります。実際に福島県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。また、実際にボランティア活動に参加されている方の多くはアクティブシニア世代です。ボランティアスタッフが病院や介護現場に入ってサポートすることにより、入院生活を送る患者さんの人生の質は格段に向上します。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。福島県には200床以上の医療機関が46施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは24施設(200床以上の病院のおよそ52%)、またボランティアを現在も募集しているのは24施設(200床以上の病院のおよそ52%)です。

福島で病院ボランティアを探すなら

これらの病院でも、ボランティアの歴史が長いところから、最近活動を始められたところまで様々です。活動暦が長いと、活動種類も多く柔軟な対応が可能になります。ボランティアの経験者も多いため、ボランティア初心者の方にオススメです。中規模以下の病院になると、ボランティアのニーズはあるものの活動スタートできていないのが現状です。

ボランティアに参加してくださる方が増えることで、中規模以下の病院に通院/入院するより多くの患者さんがその恩恵を受けられるようになります。「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、福島にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

福島の病院ボランティア募集情報

福島の病院では多くのボランティアを募集中

福島の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、郡山市にある「星総合病院星ケ丘病院」、会津若松市にある「竹田綜合病院」、福島市にある「福島県立医科大学附属病院」です。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

星総合病院星ケ丘病院のボランティア活動

まず「星総合病院星ケ丘病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来患者さんの案内サポート」「車椅子介助」「イベント運営」「医療材料作成」です。ボランティアの募集は随時行われていますので、ご興味のある方は気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

竹田綜合病院のボランティア活動

次に「竹田綜合病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「院内図書ボランティア」です。毎週木曜日の14:00〜16:00に活動されています。院内図書の運用は2つに分かれており、一つは入院中の患者さんの病室を回る巡回図書、もう一つが院内に本を常設している常設図書の運営です。

福島県立医科大学附属病院のボランティア活動

最後にご紹介する「福島県立医科大学附属病院」では、病院受付や入院中や通院中の患者さんの介助を行っています。原則、月2回以上の参加を希望されているので、比較的参加回数は他の院内ボランティアに比べると少ない方です。月に2回くらいなら参加できるかも...という方は、応募は随時行われていますので一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

このように、いくつかの病院でボランティアを募集しているものの、実際はその活動内容などが具体的に公開されていないのが現状です。
東北エリアでの福島県の病院ボランティアの活動率は、ワースト2位で秋田県の次に低くなっています。東北エリアでもっとも病院ボランティアの活動率が高いのは山形県で、200床以上の病院の約6割がボランティア活動を実施されています。ボランティア活動が活発な病院は、ボランティア活動内容などに関する情報も積極的にインターネット上で公開されていますので、より参加率が高まると考えられます。

このように、ボランティアの活動率や情報量の違いは、ボランティアの歴史が浅いことや、病院側がボランティア採用になかなか注力できないことの現れと言えます。福島県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してくることは言うまでもありません。