病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 岐阜のボランティア募集 求人傾向

岐阜の病院ボランティア傾向

岐阜の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

岐阜には、病院が101施設、診療所が1,319施設、介護施設が3,241施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ50万人だったものが、2020年には60万人に増加し、2030年までは60万人を維持する傾向にあります。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ25万人だったのが、2020年には31万人、2030年には37万人と増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、岐阜県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。
それは、医師や看護師、介護福祉士など医療スタッフ数が足りないことに起因しています。今でさえ医療スタッフ数が不足しているのに、さらに今後高齢者人口が増えることを考えると、別の人員確保をせざるを得なくなります。そこで、病院ボランティアに注目がされるようになっています。

実際に岐阜県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。そのような病院ボランティアに参加されている方の多くは60歳以上のアクティブシニア世代です。病院ボランティアの活動層がアクティブシニアの方々に集中するのは2つの理由があります。一つは、ボランティアの活動時間が平日の日中に集中しているため、もう一つは、病院ボランティアの広報が院内ポスターなどに限られているためです。若い世代は、病院との接点が少ないため、病院でボランティアが募集されていることに気づきづらく、仮に病院ボランティアに興味を持っても、活動時間が平日の日中だけだと働きに出ている方はそもそも活動できくなってしまいます。

これらを改善して、より多くの方が多種多様な院内ボランティア活動を行えるようになるためには、現状の病院ボランティア情報を多く発信する必要があると考えました。また、初めて病院ボランティアに参加する方でも安心して楽しく活動を継続できるために、おすすめの病院ボランティアのポイントをご紹介したいと思います。

ではまず、病院ボランティアの概要についてご紹介します。
実際にボランティア活動をしている病院は、病床数200床以上に多いということがわかっています。岐阜県には200床以上の医療機関が38施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは16施設(200床以上の病院のおよそ42%)、またボランティアを現在も募集しているのは16施設(200床以上の病院のおよそ42%)となっています。このボランティア活動率は、石川県の26%比べると高い数値ですが、長野の67%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、長野県と同等、またはそれ以上の活動率になるのでは…と考えています。このような背景を踏まえ、今後、病院でボランティアをやってみたいという方におすすめしたい病院の特徴をご紹介します。

岐阜でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

まず「活動時間が制限されていないこと」を挙げることができます。一般的な病院ボランティアの場合、1回あたりの活動時間を2〜3時間以上に指定している場合や、週に1回以上の活動を原則としている場合があります。日頃、定期的にボランティア活動に参加できる時間的な余裕がある方であれば、そういった制限があっても問題がないのですが、定期的に週1回以上の活動ができる方は限られています。そこで活動時間に限りがある場合は、「希望の時間帯にあわせて活動できます」と提示されているボランティアをおすすめします。
次に紹介する特徴として「ボランティアの活動種類が多いこと」を挙げられます。活動種類が多いと2つのメリットがあります。一つは、活動内容に幅が出るためより自分の興味のある活動に参加できるという点です。
もう一つは、新しい活動を積極的に取り組む方向性を持っている場合が多く、活動の質の改善にも前向きに対応されていることが多い点です。このような団体の場合、ボランティア活動の内容がよりよくなっていくため、活動している意義をより実感しやすくなると考えられます。

このような特徴を持つ病院は、やはり200床以上の病院であることが多く見受けられられます。
一方で200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でもボランティア活動が広がる可能性があります。そこで、「病院ボランティアに少し興味があるな…」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、岐阜にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

岐阜の病院ボランティア募集情報

岐阜の病院では多くのボランティアを募集中

岐阜の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、岐阜市にある「岐阜大学医学部附属病院」や「岐阜市民病院」、「岐阜県総合医療センター」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

岐阜大学医学部附属病院のボランティア活動

まず「岐阜大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「外来の受付補助/車椅子の介助」「患者さんの搬送サポート」「車椅子や歩行器などの清掃や点検」が主な活動となります。活動時間は、平日8:30~17:00の間に週に1回以上(1回あたり3時間以上)の活動を半年以上継続できる方を原則としていますが、希望時間と差異がある場合は相談いただけます。活動に参加するためには、ボランティア登録、面談、健康診断を受けていただきます。

岐阜市民病院のボランティア活動

次に「岐阜市民病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来受付の案内/車椅子介助」「図書ボランティア」「小児病棟での遊び相手/本の読み聞かせ」「入院中の患者さんとの話し相手」です。また、新しく「語学ボランティア」も募集しています。活動時間は、病院の受付/病棟チームは平日8:15~12:00、13:00~17:00の間で週1回以上(1回あたり2時間以上)の活動が原則となります。図書ボランティアチームは、平日13:30~15:00の間に各病棟を回っていただいています。ボランティア活動をよりよいものにするために、講師をお呼びして研修会を開催したり、病院のスタッフの方との意見交換なども行っています。活動に参加するためには、事前に健康診断を受けていただくこと、ボランティア保険へ加入していただくこと(自己負担)が必要になります。

岐阜県総合医療センターのボランティア活動

最後にご紹介する「岐阜県総合医療センター」は、20名以上の方が病院ボランティアに参加していただいています。活動内容は、「病院の外来総合案内」「生花ボランティア」「小児病棟での遊び相手」になります。活動時間は、平日9:00~17:00の間で都合のよい時間帯に活動いただいています。こちらの病院では、短期の活動も積極的に受け入れている希少な病院ボランティアの一つです。また、ボランティアの参加にあたっては年1回の健康診断、ボランティア保険の加入が必要ですが、費用は病院に負担していただけます。院内研修もあるため、初めての方でも安心して参加することができる病院ボランティアです。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「岐阜県立多治見病院」「松波総合病院」「国立病院機構長良医療センター」「高山赤十字病院」「岐阜県厚生連中濃厚生病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

岐阜県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。