病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 群馬のボランティア募集 求人傾向

群馬の病院ボランティア傾向

群馬の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

群馬には、病院が130施設、診療所が1356施設、介護施設が3697施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ47万人だったものが、2020年には57万人に増加し、2030年には58万人まで微増傾向にあります。また75歳以上の人口を見ると、2010年にはおよそ23万人だったのが、2020年には29万人、2030年には36万人まで急激に増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように後期高齢者人口は急増傾向のため、群馬県の病院や介護施設でのボランティア募集はますますニーズが高まります。実際に群馬県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。また、実際にボランティア活動に参加されている方の多くはアクティブシニア世代です。ボランティアスタッフが病院や介護現場に入ってサポートすることにより、入院生活を送る患者さんの人生の質は格段に向上します。

群馬でおすすめできる病院ボランティアのポイント

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。群馬県には200床以上の医療機関が43施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは17施設(200床以上の病院のおよそ40%)、またボランティアを現在も募集しているのは17施設(200床以上の病院のおよそ40%)です。このボランティア活動率は、隣接する栃木や茨城に比べると高い傾向にあります。

しかし、群馬県内のボランティア活動を実施している病院でも、ボランティアの歴史が長いところから、最近活動を始められたところまで様々です。活動暦が長いと、活動種類も多く柔軟な対応が可能になります。ボランティアの経験者も多いため、ボランティア初心者の方にオススメです。

中規模以下の病院になると、ボランティアのニーズはあるものの活動スタートできていないのが現状です。ボランティアに参加してくださる方が増えることで、中規模以下の病院に通院/入院するより多くの患者さんがその恩恵を受けられるようになります。「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、群馬にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

群馬の病院ボランティア募集情報

群馬の病院では多くのボランティアを募集中

群馬の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、前橋市にある「群馬大学医学部附属病院」、伊勢崎市にある「伊勢崎市民病院」、太田市にある「富士重工業健康保険組合 太田記念病院」です。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

群馬大学医学部附属病院のボランティア活動

まず「群馬大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「外来受付の補助/介助」「入院時 荷物持ちなどの補助」「花壇の手入れ」「入院患者さんの介助」「小児病棟に入院中の子供の遊び相手」が主な活動となります。群馬大学医学部附属病院のボランティアは、16歳以上であれば応募することができるので、高校生参加も歓迎しています。活動時間や回数には制限はありませんが、原則週に1〜2回の参加をお願いしています。平日の8:30~17:00の都合のつく時間に参加していただいています。

伊勢崎市民病院のボランティア活動

次に「伊勢崎市民病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「受付・案内ボランティア」「車椅子の点検/整備ボランティア」「車椅子介助」です。伊勢崎市民病院のボランティア活動は大変活発で様々なことに挑戦/改善されてる数少ない病院ボランティアの一つです。
例えば、ボランティアの改善や円滑な活動を目的にボランティア研究会が行われています。また、病院でのボランティア活動に必要なボランティア研修会も行われています。具体的には病院外の視察研修などを受講されています。その活動が認められ、「いせさき元気大賞」や「伊勢崎社会福祉大会にて表彰を受けています。活動時間は平日の9:00~12:00の都合のよい時間帯に活動されています。

太田記念病院のボランティア活動

最後にご紹介する「太田記念病院」では、「病院受付案内や車椅子介助」や「リハビリ室への送迎」「入院患者さんへの食事介助」を実施されています。
他の病院ボランティアには珍しくランチの提供があります。また、健康状態を確認するための健診は病院負担にて行われています。ボランティア保険の加入は必須となっています。この加入費用に関しては、病院が負担されるのか自己負担なのかについて公開されていません。また、より積極的な活動と病院スタッフとのコミュニケーションを円滑にすることを目的に、年2回の意見交換会を実施されています。このように、病院スタッフの方との情報交換ができることによって、ボランティア活動の幅が広がりやすくなります。実際に、今は活動内容にないことにも積極的に取り組んでいきたいという意向を持ったボランティアとなっています。
現在は、18歳以上でプライバシーの守れる思いやりのある方であればボランティア参加が可能となっています。活動時間は、平日8:30~17:00の間に2時間ほど活動していただきます。週1回から2回の参加をお願いしています。原則として継続してボランティア活動に参加できる方を歓迎しています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「西毛病院」「館林厚生病院」「公立富岡総合病院」などでも病院ボランティアの活動/募集がされています。このように、いくつかの病院ではボランティアを募集されていますが、実際はその活動内容などが具体的に公開されていないのが現状です。これは、ボランティアの歴史が浅いことや、病院側がボランティア採用になかなか注力できないことの現れと言えます。

群馬県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してくることは言うまでもありません。