病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 兵庫のボランティア募集 求人傾向

兵庫の病院ボランティア傾向

兵庫の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

兵庫には、病院が352施設、診療所が4,501施設、介護施設が7,254施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ129万人だったものが、2020年には159万人に増加しますが、2030年には161万人と微増に止まる傾向がわかっています。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ60万人だったのが、2020年には83万人、2030年には100万人と今後もずっと増加傾向であることがわかります。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、兵庫県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。なぜなら、今後の後期高齢者の人口増加を医療スタッフだけで担うのは限界があるためです。病院ボランティアへの期待が高いことは、病院の評価を第三者が行う日本医療機能評価機構が「成長し続ける病院を評価する要素」として「病院ボランティアの設置」を挙げていることからもうかがい知ることができます。

実際に兵庫県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。
そのような病院ボランティアに参加されている方の多くはアクティブシニア世代です。病院ボランティアに参加する方がアクティブシニア層に多いのは2つの理油があります。まず「病院ボランティアの活動時間が平日である」という点です。一般的に20〜50代の社会人が平日にボランティア活動を行うのは難しいと考えられます。しかし多くの病院ボランティアの活動時間は、平日の日中に行われることが多いため、仮に病院ボランティアに興味があっても活動に参加できないことが考えられます。次に「病院ボランティアの広報のメインが院内ポスターである」という点です。ボランティア募集に予算がかけられないのは、医師や看護師、介護ヘルパーの採用予算が逼迫していることが要因の一つです。ボランティア募集のほとんどは、院内ポスターや役所での募集情報のみに限られています。つまり、「活動時間」「募集の広報方法」という点において工夫ができれば、より多くの世代の方が病院ボランティアに参加できる可能性を秘めています。そこで兵庫の病院ボランティア情報を多く発信することで、多くの方が病院ボランティアに興味を持ち、参加メンバーが増えていけばと思っています。その結果、病院に関わる多くの方が病院ボランティアの恩恵を受けられるようになればと願っています。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院がボランティアを募集に積極的であることがわかっています。兵庫県には200床以上の医療機関が109施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは42施設(200床以上の病院のおよそ39%)、またボランティアを現在も募集しているのは41施設(200床以上の病院のおよそ38%)となっています。このボランティア活動率は、東京の52%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。つまり、多くの病院ボランティア情報を発信することで、東京と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

兵庫でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では「病院でボランティアをやりたい」という方におすすめの病院の特徴をご紹介します。
1つ目の特徴は「病院ボランティア歴が長い」という点です。ボランティアを始めてから10年以上たっていると、その内容や運用方法が確立されてていることが多いので事前研修やトラブル対応の体制が整っています。そのため、初心者の方でも安心して活動しやすいと言えます。2つ目の特徴は「ボランティア人員が多い」という点です。ボランティア活動をする上で、そうしても急な休みが発生することがあります。その場合、ボランティアの人員が多ければ代替の方が対応してくださることが多く、初心者のかたも急な休みを気負いなくとることができます。3つ目は「活動時間に制限がない」という点です。一般的には、週1回以上(1回あたり3時間以上)などの活動時間をお願いしている病院がほとんどです

しかし、最初からどれぐらいの時間をボランティアに当てられるかは活動してみないとわからないことも多いのではないでしょうか。そこで、病院によっては参加回数や時間を制限することなく募集されているところもあります。病院ボランティアに参加したことがない方は、このようにオープンな活動を積極的に受け入れている病院から始められることをおすすめします。

ここでご紹介した3つの特徴を持つのは、やはり病床数が多い病院に多くみられます。では、200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。しかし、ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でもボランティアの恩恵を受けられるようにしていければと思います。では実際に「ボランティアに興味があるな。やってみようかな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、兵庫にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

兵庫の病院ボランティア募集情報

兵庫の病院では多くのボランティアを募集中

兵庫の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、西宮市にある「兵庫医科大学病院」や神戸市にある「神戸大学医学部附属病院」、三田市にある「国立病院機構兵庫中央病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

兵庫医科大学病院のボランティア活動

まず「兵庫医科大学病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「外来で初診手続きのサポート」「外来での病院案内」「病棟でのシーツ交換」「医療材料作成のお手伝い」が主な活動となります。活動時間は、各活動によって変動があり、外来で初診手続きのサポートと外来での病院案内ボランティアは平日9:00~11:00の間、病棟でのシーツ交換は水曜9:00~11:00の間に活動しています。医療材料作成のお手伝いは第二/四火曜と第三水曜の9:00~11:00に活動しています。心身健康である方であればどなたでも活動に参加できます(学生は応募を受け付けていません)

神戸大学医学部附属病院のボランティア活動

次に「神戸大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来受付の案内/車椅子の介助」「裁縫などソーイング活動」「小児病棟にて読み聞かせ/遊び相手」「病棟で散歩補助/傾聴/配膳など」「園芸ボランティア」「図書コーナーの管理運営」です。現在、100名ほどの方が活動されています。活動時間は、平日8:30~16:00の間で都合のつく時間帯に参加いただいています。活動にあたって、年会費が600円、ボランティア保険への加入(500円)を自己負担でお願いしています。また健康診断をうけていただいています。

国立病院機構兵庫中央病院のボランティア活動

最後にご紹介する「国立病院機構兵庫中央病院」の活動内容は、主に外来でのサポートになり具体的には「院内の案内」「初診等の手続きサポート」「車椅子の補助」があります。そのほか、小児病棟での活動として「レクレーション活動の補助」「院内でのサポート業務」があります。活動時間は公開されていませんが、平日の日中がメインになります。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「兵庫県立光風病院」「西神戸医療センター」「協立温泉病院」「公立学校共済組合近畿中央病院」「宝塚市立病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

兵庫県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。