病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 茨城のボランティア募集 求人傾向

茨城の病院ボランティア傾向

茨城の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

茨城には、病院が182施設、診療所が1403施設、介護施設が3827施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ67万人だったものが、2020年には84万人に増加し、そのまま2030年は86万人と増加傾向にあります。また75歳以上の人口は、2010年にはおよそ31万人だったのが、2020年には41万人、2030年には53万人と急激に増加します。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

茨城県は、全国平均よりも病床数や医師/看護師数が少ないこともあり、現状の医療体制のままでは医療崩壊が起っても不思議ではありません。茨城県を含め、この人口推移が想定される地域では、後期高齢者人口は増加傾向の中で、患者さんの生活の質を向上するために病院や介護施設でのボランティアニーズが高まってきます。では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。

茨城で病院ボランティアを探すなら

実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。
茨城県には200床以上の医療機関が57施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは20施設(200床以上の病院のおよそ35%)、またボランティアを現在も募集しているのも20施設(200床以上の病院のおよそ35%)です。
このボランティア活動率は、東北エリアに比べると非常に低い低いことがわかっています。東北エリアの200床以上の病院の病院ボランティア活動率は、約5〜6割で、茨城県の35%に比べるとおよそ2倍の開きがあります。

また、現在病院ボランティア活動をされている病院でも、ボランティアの歴史が長いところから、最近活動を始められたところまで様々です。活動暦が長いと、活動種類も多く柔軟な対応が可能になります。ボランティアの経験者も多いため、ボランティア初心者の方にオススメです。
規模以下の病院になると、ボランティアのニーズはあるものの活動スタートできていないのが現状です。
ボランティアに参加してくださる方が増えることで、中規模以下の病院に通院/入院するより多くの患者さんがその恩恵を受けられるようになります。「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、茨城にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

茨城の病院ボランティア募集情報

茨城の病院では多くのボランティアを募集中

茨城の病院でボランティア募集がされている病院をご紹介します。
例えば、つくば市にある「筑波大学附属病院」、日立市にある「日立総合病院」、水戸市にある「水戸済生会総合病院」です。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

筑波大学附属病院のボランティア活動

まず「筑波大学附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
院ボランティア内容は、「外来受付の補助/車椅子介助」「病棟患者さんの介助/談話室の清掃」「院内図書の案内」が主な活動となります。募集中の活動は随時変更されますので、ご興味のある方はぜひ早めに問い合わせされることをおすすめします。
ボランティアメンバーからの改善の声に看護師長が答える形で講習会なども積極的に開催されています。週に1回以上(1回あたり2〜3時間)の活動を半年以上継続していただける方を募集されています。ボランティア保険や、ボランティア参加にあたっての健康診断などは自己負担となります。(保険加入や健診は任意となります)

日立総合病院のボランティア活動

次に「日立総合病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来患者さんの受付案内/車椅子介助」「パンフレットの整理」「病院内で使用するガーゼ等のセッティング」です。ボランティア活動は約40年の歴史があり、現在は50名以上の方が活動されています。大変珍しい活動として、手術室でのサポートなどもあり、独自の活動内容がある点が特徴としてあります。

水戸済生会総合病院のボランティア活動

最後にご紹介する「水戸済生会総合病院」では、外来患者さんの受付サポートや緩和ケア病棟でのお茶サービス/絵手紙づくり、花壇ボランティア、コンサート運営などのボランティア活動を実施されています。緩和ケア病棟での活動時間は毎週月曜、火曜、金曜日の午後、外来患者さんの受付サポートは平日月曜〜金曜日の午前中に活動されています。

その他にも「水戸赤十字病院」「茨城県立中央病院」「筑波記念病院」などでも病院ボランティア活動/募集がされています。このように、いくつかの病院でボランティアを募集しているものの、実際はその活動内容などが具体的に公開されていないのが現状です。これは、ボランティアの歴史が浅いことや、病院側がボランティア採用になかなか注力できないことの現れと言えます。

茨城県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してくることは言うまでもありません。