病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 石川のボランティア募集 求人傾向

石川の病院ボランティア傾向

石川の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

石川には、病院が98施設、診療所が730施設、介護施設が1,887施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ28万人だったものが、2020年には34万人に増加し、その後2030年まで34万人を維持した後、2040年には35万人までさらに増加する傾向にあります。また75歳以上の人口を見ると、2010年にはおよそ14万人だったのが、2020年には17万人、2030年には21万人まで増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、石川県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。そこで石川の病院ボランティア情報を発信することで、より多くの方が病院ボランティアに興味を持って、参加してくださる方が増えていけばと思っています。そして、結果的に地域医療を支える役割を病院ボランティアが担っていくことで、誰もが安心して生活できる社会が作れたらと願っています。実際に、今ボランティアの方が医療現場で活躍されることで、通院中や入院生活を送る患者さんの人生の質は格段に向上しています。

では、実際に石川県内でボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。病状別でみると、緩和病棟や小児病棟、脳神経外科病棟でのボランティア募集が多い傾向であることがわかります。

石川県には200床以上の医療機関が35施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのはわずか9施設(200床以上の病院のおよそ26%)、またボランティアを現在も募集しているのは9施設(200床以上の病院のおよそ26%)にとどまっています。このボランティア活動率は大変低い数値で、お隣の富山県の41%と比べると活動率の低さが顕著となります。石川では200床以上の病院が病院4施設に1施設でしかボランティア活動を実施していないことになり、今後の活動の広がりが期待されています。

石川でおすすめできる病院ボランティアのポイント

では病院ボランティアに興味があるけど、初心者だから少し不安だな…という方におすすめの病院をご紹介します。それは、ボランティアの活動内容が幅広く、参加されているメンバー人数が多い病院です。ボランティアの活動内容が多種多様である病院は選択肢が増えますし、メンバー数が多いと様々な意見が出されることでボランティア活動の改善がすすみやすい傾向があります。すると、より質の高いサービスを提供できるようになり結果的にボランティアへやる気がアップして楽しく活動を続けることができるようになります。

一方、中小規模の病院はどうかというと、ボランティアのニーズはあるものの活動スタートできていないのが現状です。中小規模の病院でも患者さんがボランティアの恩恵を受けられるように、ボランティアに参加してくださる方が増えればと願っています。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、石川にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

石川の病院ボランティア募集情報

石川の病院では多くのボランティアを募集中

石川の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、金沢市にある「金沢大学附属病院」「国立病院機構金沢医療センター」、内灘町にある「金沢医科大学病院」です。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

金沢大学附属病院のボランティア活動

まず「金沢大学附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「受診手続きのサポート業務」「入院時の荷物搬送」が主な活動となります。活動時間は、平日8:30~14:00の間で都合のつく時間帯に活動いただいています。通常の病院は「月2回以上の参加」といった活動回数や「1回あたり3時間以上」などの活動時間の制限を設けていますが、金沢大学附属病院はそのような制限がなく、参加回数が少なくて今まで応募を躊躇していた方におすすめの病院です。応募資格としては、原則18歳以上で心身ともに健康であれば参加することができます。

国立病院機構金沢医療センターのボランティア活動

次に「国立病院機構金沢医療センター」では、病院ボランティアに参加できる方を募集しています。
活動内容は、「外来受付サポート(外来受付の補助/院内の案内など)」「整形外科入院患者さんのサポート(話し相手)」を行っています。活動時間は平日8:00~17:00の間で都合のつく時間帯に参加できます。「月に何回以上の参加/1回あたり何時間以上の参加」といった制限がないので、「1時間だけ、月1回だけ参加できる」という忙しい方も比較的参加しやすいボランティアと言えます。

金沢医科大学病院のボランティア活動

最後にご紹介する「金沢医科大学病院」の主な活動内容は「院内案内サポート」「車椅子/備品整理」「車椅子利用者の介助」「入院中患者さんの話相手」「ほんの代読/手紙の代筆」「コンサート運営」など多岐にわたります。また、上記の活動だけに限らず、今後も活動内容を積極的に広げられる意向です。活動をするにあたって週1回(1回あたり2時間〜)以上の活動を原則6カ月以上継続できる方を対象としています。例外として、学生の方は夏休みなどの長期休暇を利用しての参加などは相談に応じています。もし短期ボランティアを希望される場合は、イベントやコンサートなどのサポートをお願いしています。また、ボランティア保険加入が必須となっています。加入費用は病院が負担していますので自己負担費用はありません。特徴的なのは、1年以上継続して活動した方は無料で日帰りドック健診が受けることができます。

ご紹介した3つの病院以外にも、「公立能登総合病院」「国保小松市民病院」「国立病院機構医王病院」「石川県済生会金沢病院」などでも病院ボランティアの活動/募集がされています。しかし実際はその活動内容などが具体的に公開されていないことも多いのが現状です。これは、ボランティアの歴史が浅いことや、病院側がボランティア採用になかなか注力できないことの現れと言えます。

石川県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してくることは言うまでもありません。