病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 神奈川のボランティア募集 求人傾向

神奈川の病院ボランティア傾向

神奈川の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

神神奈川には、病院が341施設、診療所が5,848施設、介護施設が11,037施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ183万人だったものが、2020年には238万人に増加し、さらに2030年には256万人まで増加する傾向にあります。また75歳以上の人口を見ると、2010年にはおよそ79万人だったのが、2020年には125万人、2030年には155万人まで急激に増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

医療介護需要予測によると、2010年の看護需要量を100とした時に2020年は1.5倍の150、2030年は180まで増加します。現在でも医療/介護で働くスタッフ数の不足感は否めない中、さらに高齢者数が増加するこの状況を放置すると、医療の質は低下の一途を辿ることになるでしょう。そこで注目されているのが病院や介護施設でのボランティア活動です。

実際に神奈川県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。
また、病院ボランティアに参加されている多くの方はアクティブシニア世代です。ボランティアを始めたきっかけを伺うと、「自分が通院/入院したことがきっかけ」という方や「ご家族が病院にお世話になったお礼に…」とボランティアを始められる方が多く、病院との接点が多いアクティブシニア層が活動をスタートされる傾向にあります。

また、平日の午前中に活動する病院ボランティアがほとんどである点も、病院ボランティアでアクティブシニア層が活躍されている大きな要因の一つです。逆にいえば、土日でも参加できる病院ボランティアが増えれば若い層で活動する方も増える可能性があります。

神奈川でおすすめできる病院ボランティアのポイント

そこで、神奈川の病院ボランティア情報を発信することで、病院ボランティアに参加する方が増えていけばと考え、このサイトを運営しています。結果的に、地域医療を支える役割を病院ボランティアが担うことで誰もが安心して生活できる社会が作れたらと願っています。実際に、今ボランティアの方が病院で活動することによって、通院中や入院生活を送る患者さんの生活の質は向上しています。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。神奈川県には200床以上の医療機関が141施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは56施設(200床以上の病院のおよそ40%)、またボランティアを現在も募集しているのは56施設(200床以上の病院のおよそ40%)です。この40%という数値は高いとは言えません。神奈川に隣接する東京都のボランティア活動率52%と、200床以上の病院の半分以上がボランティア活動を行っています。

これらの現状を踏まえて、今後、病院でボランティアをやってみたいという方におすすめの病院をご紹介します。というのも、実はボランティア活動の内容や運用方法など病院によって様々です。これは、ボランティア活動暦や運用責任者、活動人数によって変動する傾向があります。活動暦が長いと、活動種類も多く柔軟な対応が可能になります。ボランティアの経験者も多いため、ボランティア初心者の方にオススメです。ボランティアの運用責任者が病院の事務局や看護部長の場合と病院外部の方では、その活動範囲や内容に大きな差があります。活動人数が多いと、活動時間が柔軟になることが多く、急なお休みの対応もスムーズです。

しかし、200床以下の中規模/小規模病院になると、ボランティアのニーズはあるものの活動がスタートできていない病院が多くあります。ボランティアに参加してくださる方が増えることで、中規模/小規模の病院に通院/入院する患者さんも恩恵を受けられるようになります。「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、神奈川にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

神奈川の病院ボランティア募集情報

神奈川の病院では多くのボランティアを募集中

神奈川の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、相模原市にある「北里大学病院」、伊勢原市にある「東海大学医学部付属病院」、横須賀市にある「横須賀共済病院」、横浜市にある「市民総合医療センター」、川崎市にある「川崎市立川崎病院」などです。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

北里大学病院のボランティア活動

まず「北里大学病院」のボランティア活動についてご紹介します。
北里大学病院のボランティアは1993年にスタートしました。主な活動内容は、外来部門と入院部門に大きく分かれています。外来部門は「外来受付サポート」「病院内の案内」「生花などの環境整備」「処置材料の準備」が主な活動になります。入院部門は「図書ボランティア」「小児病棟における学習支援/遊び相手/食事介助」「入院患者さんのお話相手/散歩付き添い/食事サポート」「新生児室の介助」などがあります。新生児室の介助は、他の病院にはない珍しい活動です。活動に参加するにあたって特別な資格はいりませんが、小児病棟での活動があるため健康診断書/小児系抗体検査結果を提出していただいています。ボランティア保険は病院負担で加入することが可能です。活動時間は、月2回以上(1回2時間以上の活動)が原則となります。

東海大学医学部付属病院のボランティア活動

次に「東海大学医学部付属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「小児病棟での読み聞かせ/遊び相手/食事介助」「院内学級(小学生)での答案回答、学習支援」 「整形外科病棟でのベッドメイキング/昼食や夕食のサポート」「脳神経外科病棟でのベッドメイキング/食事介助/カテーテル作り」など様々な科目別に活動している珍しいボランティアの一つです。その他、単発活動として、院内学級にいる子供たちを対象にした課外授業イベントや、医療関連セミナー、コンサート開催しています。また、病院ボランティア活動内容を広報誌として情報発信や、絵本の作成など活動内容は多岐にわたっています。ここまで活動範囲の広い病院は大変稀有なので、より実践的なボランティアに興味のある方におすすめできます。これらの活動を支えているのはボランティアスタッフ間で実施されている勉強会です。ボランティアスタッフが活動する中で疑問に感じていることを出し合い、勉強会のテーマを決めています。勉強会を通して、医療に関する知識を得ることでボランティ活動の幅が広がりつつあります。

横須賀共済病院のボランティア活動

3つ目に「横須賀共済病院」の活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来受付サポート/車椅子介助」「リハビリ室への送迎」「環境整備」「患者図書ボランティア」などがあります。活動時間は、「外来受付サポート/車椅子介助」など外来部門に関しては、平日8:30~12:00、「リハビリ室への送迎」「環境整備」などの病棟部門に関しても、平日8:30~12:00、「患者図書ボランティア」などの病棟部門に関しては、火曜13:30~15:30となっています。

市民総合医療センターのボランティア活動

4つ目に「市民総合医療センター」です。
市民総合医療センターでは、1999年からボランティア活動をスタートされています。このボランティアは、「ランパスの会」という病院外のボランティア団体が運営しています。活動内容は、「病棟にいる患者さんの散歩/食事介助などのサポート」や「ミニコンサート運営」「移動図書」、「脳外科病棟サポート(手浴、足浴、買物)」「小児病棟サポート(紙芝居、食事介助)」「外来受付補助/院内案内」「園芸ボランティア」と多岐に渡ります。活動時間も、ボランティアの内容によって変動します。
「移動図書」は、水曜の13:00〜16:00に8つのフロアにある16の病棟を回っています。
「外来受付」は、平日の9:00〜11:30に活動しています。
「脳外科病棟サポート」は、水曜10:00〜13:00に活動しています。
「小児科病棟サポート(食事介助/遊び相手)」は、火曜/水曜/木曜の10:00~13:00に活動しています。
「小児科病棟サポート(紙芝居)」は、月1回第一水曜15:30~に活動しています。
「ミニコンサート」は月1回第四水曜16:00~16:30で活動しています。
「園芸ボランティア」は季節の変わり目に随時活動しています。
ボランティア参加にあたり、週1回以上(1回あたり3時間ほど)の活動を原則としています。年齢制限などなく、ボランティアの体験からスタートできますので、健康で興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。

川崎市立川崎病院のボランティア活動

最後にご紹介するのは「川崎市立川崎病院」です。現在30名弱の方々がボランティア活動に参加されています。活動内容は、「病棟の患者さんの話し相手/環境整備」「外来受付サポート/案内」「図書の整備/清掃」「小児病棟での遊び相手/本読み聞かせ」です。活動条件として、ヘルパー3級以上の資格が必要になります。病院ボランティアの参加資格は、基本的に資格を要さないことがほとんどですので、川崎市立川崎病院でのボランティアを希望される方は注意が必要です。活動時間としては、原則月1回以上(1回あたり1時間以上)となり、通常の病院ボランティアに比べて短時間からの参加ができる点が特徴となります。

ここで紹介した5つの病院以外にも、「昭和大学横浜市北部病院」「横浜南共済病院」「横浜市立大学附属病院」「横浜労災病院」「横浜市立市民病院」などでも病院ボランティアの活動/募集がされています。ここで紹介したボランティア情報は積極的にボランティア募集を行っていますが、その他の多くの病院では活動内容など具体的に公開されないことも多いのが現状です。これは、病院内のボランティア参加メンバーが少ないことや、募集できるだけの運用体制が整っていないことが原因です。

神奈川県に住むの多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実します。ぜひ、この機会に病院ボランティアについて検索していただければ幸いです。