病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 京都のボランティア募集 求人傾向

京都の病院ボランティア傾向

京都の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

京都には、病院が173施設、診療所が2,268施設、介護施設が3,298施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ62万人だったものが、2020年には77万人に増加し、2030年まで77万人を維持する予測が出ています。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ29万人だったのが、2020年には41万人、2030年には49万人と増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、京都府の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。なぜなら今後の後期高齢者の人口増加を医療スタッフだけで担うのは限界があるためです。また医療現場に医師や看護師といった医療スタッフや、患者さんではなく、第三者であるボランティアが介入することにより、よりよい雰囲気づくりに役立っています。実際に京都府内にある多くの病院でボランティアを募集されています。これらの病院ボランティアに参加されている方の多くはアクティブシニア世代です。この理由は2つの背景が関係しています。

一つは、病院ボランティアの活動時間がほとんど平日の昼間に行われているためです。二つ目は、病院ボランティアの広報活動が活発でないため、病院との接点があるアクティブシニアの方が自然と増加するためです。この2つの要因について解決すれば、さらに多くの方々が病院ボランティアに参加できるようになります。そこで京都の病院ボランティア情報を多く発信したいと思います。

まず、現状の病院ボランティアについてご紹介します。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。京都府には200床以上の医療機関が57施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは24施設(200床以上の病院のおよそ42%)、またボランティアを現在も募集しているのは24施設(200床以上の病院のおよそ42%)となっています。このボランティア活動率は、三重県の23%と比べると活発に見えますが、東京の52%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、東京と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

京都でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では、今後、病院でボランティアをやってみたいという方におすすめの特徴をご紹介します。
一つは活動人数、二つ目は活動内容、三つ目は運用体制についてです。活動人数は10数名でボランティアしている少人数の団体から、合計で100名弱の体制で活動している大規模なボランティアまで様々です。病院ボランティアが初めての方にとっては、人数の多い病院ボランティアがおすすめです。事前研修の充実や急な休みに柔軟に対応できる点がおすすめの理由です。活動内容についても、様々な活動を行っている病院ボランティアがおすすめです。活動種類が多いところは、新しい取り組みも積極的に行っていることが多く、課題や改善点にも医療スタッフの方を巻き込んで対応されるリーダーシップのある方が在籍されていることが多く、活動範囲が広がる可能性が高くなります。新しい視点で今までになかった活動内容まで広げることができれば、ボランティアの意欲も湧き、継続しやすくなります。サイドの運用体制については、特に費用面について大きな差が出てきます。ボランティア活動の場合、病院までの交通費や健康診断費用、ボランティア保険の加入料なども自己負担になることが一般的です。しかし、最近では病院側で負担してもらえるところも増えてきましたので、事前の確認をおすすめします。

このような特徴を持ち合わせている病院は、まだまだ少ないのが現状です。
特に、200床以下の中小規模の病院はボランティアのニーズはあるものの、まだ活動のスタートがきれていないのが現状です。しかし、病院ボランティアに関する情報を発信することで参加メンバーが増え、このような中小規模の病院でもボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、京都にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

京都の病院ボランティア募集情報

京都の病院では多くのボランティアを募集中

京都の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、京都市にある「京都府立医科大学附属病院」や「京都第二赤十字病院」、「洛和会洛和会音羽病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

京都府立医科大学附属病院のボランティア活動

まず「京都府立医科大学附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
京都府立医科大学附属病院のボランティア活動は平成10年に開始され、今は100名以上のボランティアスタッフさんが活躍されています。ボランティア参加のために教育プログラムを用意されている運営体制がきちんとしている団体の一つです。病院ボランティアの種類は、「外来ボランティア」「病棟ボランティア」「ガン情報ボランティア」「図書ボランティア」「小児病棟ボランティア」と大きく5つに分かれています。外来ボランティアでは、受付の代筆や自動受付機のサポート、院内の案内や車椅子の介助を主に担当されています。病棟ボランティアでは、車椅子での移動サポート、物品の運搬から昼食の配膳/下膳などを担当されています。図書ボランティアでは、外来棟3階にある図書コーナの整備/運用サポートを行っています。がん情報ボランティアでは、がんに関する図書の貸出や整備、資料のファイリングなどを担当しています。小児病棟ボランティアでは、子供達の遊び相手やイベントの企画運用を行なっています。活動時間は、平日日中の週に1回以上の参加を原則としています。募集中のボランティアは随時変更されるので事前確認が必要です。応募資格として、年齢18歳〜70歳未満を原則とし、オリエンテーションへの参加が必須となっています。

京都第二赤十字病院のボランティア活動

次に「京都第二赤十字病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来受付の補助/車椅子介助」「病棟の患者さんのお話相手/散歩付き添い」「裁縫/花壇整備/イベント運営」になります。活動時間は、平日8:30~16:30の間で都合のつく時間帯に週1回以上を原則としています。応募資格は、年齢18歳以上で心身ともに健康な方、継続してボランティアに参加できる方を対象としています。

洛和会洛和会音羽病院のボランティア活動

最後にご紹介する「洛和会洛和会音羽病院」は、土曜日も活動できる珍しい病院ボランティアです。
活動時間は、平日月曜〜金曜と土曜日の13:00~17:00の間で都合のつく時間帯にお願いしています。活動内容は、緩和ケア病棟での「楽器の演奏、手芸や習字や折り紙など、ティーサービス」がメインになります。通常の病院ボランティアは交通費は自己負担ですが、洛和会洛和会音羽病院では1回500円の交通費を支給しています。

ここで紹介した3つの病院意外では、「国立病院機構京都医療センター」「宇治おうばく病院」「京都市立病院」「公立南丹病院」「国立病院機構舞鶴医療センター」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

京都府の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。