病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 三重のボランティア募集 求人傾向

三重の病院ボランティア傾向

三重の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

三重には、病院が102施設、診療所が1,313施設、介護施設が3,522施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ45万人だったものが、2020年には53万人に増加し2030年までその人口は維持されます。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ22万人だったのが、2020年には28万人、2030年には32万人と増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

まず「三重大学医学部附属病院」のボランティア活動をご紹介します。
主な活動内容は、「外来患者さんの案内サポート」「送迎サポート」「車椅子での介助」「院内図書の整備」などになります。活動時間は、平日9:00~14:00の間で週1回以上(1回あたり2時間以上)の活動を原則としています。応募条件は、年齢65歳くらいまでで心身ともに健康である方、患者さんのプライバシーを守ることができる方、継続して半年以上活動できる方を対象にしています。

この人口推移からもわかるように、三重県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。これは、高齢者人口の増加に伴って医療スタッフの不足感がさらに悪化することが主な理由です。実際に三重県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。これらの病院ボランティアに参加されている方の多くは60歳以上のアクティブシニア世代です。なぜ病院ボランティアに参加する方がアクティブシニア層に多いのは理油があります。

一つは、病院ボランティアの活動時間がほとんど平日の昼間に行われているためです。
この時間帯に参加できるのは、専業主婦の方やアクティブシニアの方がメインとなります。もう一つは、病院ボランティアの募集は、院内ポスターや病院ホームページの一部など限られた広報に留まっているため病院との接点の多いアクティブシニア層に集中してしまうためです。

三重でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では、これから病院でボランティアをやってみたいという方におすすめしたい病院の特徴をご紹介します。
一つは、病院の活動暦が長いことです。病院ボランティアを10年以上前から実施しているところは、初めて病院ボランティアに参加する方でも安心して活動できるように様々な研修を組まれていることが多く、病院ボランティア初心者の方でも安心して活動することができます。
二つ目は、病院の活動人数が多いことです。多くの病院ボランティアでは活動回数や活動時間に制限を設けていることがしばしばあります。例えば、週1回以上(1回あたり3時間以上)の活動を継続しておこなえることが原則隣っているケースをよく目にします。しかし、実際に体調を崩したり急な仕事の用事などでボランティアに参加できなくなった場合、ボランティアメンバー数が多いと代わりの方にお願いすることが可能になります。このように急な対応にもより柔軟に対応できる点がオススメの理由です。
三つ目は、活動にあたって自己負担の費用が少ない病院をおすすめします。病院によっては、健康診断やボランティア保険加入が条件担っている場合もあり、その費用が自己負担という場所も少なくありません。このような自己負担が多くなるとボランティアとして継続して活動することが難しいと感じられる方は少なくありません。病院の中には、これらの保険加入代や健康診断費用を負担してくれる場所もありますので、確認してみるとよいでしょう。

ここで紹介した3つの特徴を持つ病院は、やはり200床以上の病院が多いため、自宅近所で通いやすい大きめの病院でボランティア情報を探されることをオススメします。一方で、200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でも通院/入院するより多くの患者さんがボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、三重にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

三重の病院ボランティア募集情報

三重の病院では多くのボランティアを募集中

三重の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、津市にある「三重大学医学部附属病院」や伊勢市にある「伊勢赤十字病院」、四日市にある「市立四日市病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

三重大学医学部附属病院のボランティア活動

まず「三重大学医学部附属病院」のボランティア活動をご紹介します。
主な活動内容は、「外来患者さんの案内サポート」「送迎サポート」「車椅子での介助」「院内図書の整備」などになります。活動時間は、平日9:00~14:00の間で週1回以上(1回あたり2時間以上)の活動を原則としています。応募条件は、年齢65歳くらいまでで心身ともに健康である方、患者さんのプライバシーを守ることができる方、継続して半年以上活動できる方を対象にしています。

伊勢赤十字病院のボランティア活動

次に紹介する「伊勢赤十字病院」のボランティアは、1980年に院内の清掃からスタートしました。
病院ボランティア内容は、病院の受付ロビーで活動している「外来の受付/案内/介助」や、病棟で活動している「生花ボランティア」「リハビリの送迎ボランティア」、ボランティア室内で活動している「包帯巻き」「裁縫」などがあります。ボランティア活動をよりよいものにするために研修会も行っています。応募参加条件は、18歳〜65歳までで心身ともに健康である方で、週1回以上(1回3時間以上)の活動を継続して半年以上できる方を原則としていますが、長期休みを利用して参加される大学生も歓迎しています。

市立四日市病院のボランティア活動

最後にご紹介するのは「市立四日市病院」です。
外来ロビーでは、平日の午前中に再来受付機の使用方法をサポートしたり、車椅子の介助、病院内の案内などを行っています。病棟では、毎週水曜の午後にリハビリ体操や歌雨という活動と、リハビリ送迎を主な活動としています。その他、病院から依頼を受けてカバーなどの裁縫をおこなったり、花壇を手入れしたりしています。活動時間は8:30~17:00の間で都合に合わせて決めていただいています。ボランティア活動以外に月に1回定例会を開催して、活動内で気づいた点や改善案を出し合いよりスムーズにボランティアを行うための話し合いや研修会を行っています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「三重県厚生連鈴鹿中央総合病院」「三重県厚生連松阪中央総合病院」「三重県立こころの医療センター」「国立病院機構鈴鹿病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

三重県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。