病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 新潟のボランティア募集 求人傾向

新潟の病院ボランティア傾向

新潟の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

新潟には、病院が130施設、診療所が1,326施設、介護施設が3,909施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ62万人だったものが、2020年には72万人に増加し、2030年には71万人と微減する傾向にあります。これらの推移予測から65歳以上の人口は2020年をピークとして減少し一見高齢化社会は収束するように見えます。しかし、75歳以上の人口推移を見ると、2010年にはおよそ33万人だったのが、2020年には38万人、2030年には44万人と増加傾向であることがわかります。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、新潟県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。実際に新潟県内にある病院でボランティアを募集されている病院は多くあります。病院ボランティアに参加されている方の多くは、60代以上のアクティブシニア世代が大半を占めています。これは、「病院ボランティア活動の多くが平日に活動していること」「病院ボランティア情報を知る方法が来院/入院した時のため、病院との接点のある世代がメインになる」という点に起因します。例えば、ご自身が病院に通院/入院した経験の中でボランティアに興味を持ち参加される人や、ご家族や友人が入院されたことをきっかけにボランティアを始められる方などがいらっしゃいます。

新潟の病院ボランティア情報を広く発信することで、より多くの方が病院ボランティアに興味を持ち、参加してくださる方が増え、結果的に誰もが安心して生活できる社会が作れたらと願っています。実際に、今ボランティアの方が医療現場で活躍されることで、通院中や入院生活を送る患者さんの生活の質は格段に向上しています。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。新潟県には200床以上の医療機関が54施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは19施設(200床以上の病院のおよそ35%)、またボランティアを現在も募集しているのは19施設(200床以上の病院のおよそ35%)となっています。このボランティア活動率は、決して高い数値とは言えません。例えば新潟のお隣、富山での200床以上の病院のボランティア活動率は41%で、新潟県よりも活動率が高い傾向にあります。

新潟でおすすめできる病院ボランティアのポイント

このような現状を踏まえて、今後、病院でボランティアをやってみたいという方はどのような病院がおすすめなのでしょうか。ボランティアの活動暦が長いと、ボランティアの活動種類が多く、より興味のある部門でボランティアライフを送ることができます。一方で、ボランティアの活動暦が短いところでは、新しい活動に広げることができ、より活動に積極的に参加することができます。
ボランティアに参加するメンバー数も重要です。
メンバー数が多いと、急なお休みにも柔軟に対応してもらえたり、1回あたりの活動時間も短いことが多く、時間の都合がつけやすい傾向にあります。このように、一言で「病院ボランティア」といっても様々なな違いがありますので、その違いを確認してボランティアに参加されることで長く自分の興味や経験を活かせるボランティア活動に参加できるようになります。

病院でのボランティア文化が新潟県内に浸透することで、地域医療の質がアップします。
現在は病床数200床以上の病院が中心ですが、中規模/小規模な病院でもボランティア活動が活発化することにもつながります。「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、新潟にある病院ボランティアをいくつか紹介したいと思います。

新潟の病院ボランティア募集情報

新潟の病院では多くのボランティアを募集中

新潟の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、新潟市にある「新潟大学医歯学総合病院」「新潟県立がんセンター新潟病院」、長岡市にある「長岡赤十字病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

新潟大学医歯学総合病院のボランティア活動

まず「新潟大学医歯学総合病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「外来受付の補助(代筆、車椅子サポートなど)」「院内の案内」「院内図書館の運営サポート」が主な活動となります。活動時間は、ボランティア活動内容によって2つに分かれています。外来サポートチームは平日9:00~11:00に活動、図書館運営チームは平日0:00~13:00/13:00~16:00に活動しています。ボランティアへの参加は、原則3カ月以上、週1回以上の参加ができる方を対象としています。事前に、ボランティア保険への加入、健康診断の受診をお願いしています。

新潟県立がんセンター新潟病院のボランティア活動

次に「新潟県立がんセンター新潟病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「巡回図書サービス」「小児病棟で本の読み聞かせ/遊び相手」「小児病棟での幼児保育」「医療情報の整理」「外来受付サポート」「コンサート運営」です。活動時間は、各ボランティアによって違います。「巡回図書サービス」は、木曜の午後に活動されています。「小児病棟で読み聞かせボランティア」は、水曜の午後、「小児病棟で遊び相手ボランティア」は、月曜/木曜の16:00~に活動しています。「小児病棟での幼児保育」は、火曜の午前中、「医療情報の整理」は、木曜を除く平日10:00~15:00に活動しています。「外来受付サポート」は、基本的に午前中には毎日活動しています。また、コンサートは随時開催を行っています。参加にあたっては、事前に市区町村や地域のボランティアグループでの研修を受けることになります。見学や実務体験(週1回×4回ほど)を経て、正式にボランティア登録に進みますので、初めての方でも安心して活動することができます。

長岡赤十字病院のボランティア活動

最後にご紹介する「長岡赤十字病院」では、現在25名のボランティアメンバーで活動されています。実際の活動内容は、「外来受付サポート」「小児病棟での読み聞かせ/紙芝居」「小児病棟プレイルームの飾り付け」「車椅子介助」「病棟患者さんと話し相手」などを行っています。活動時間は、「外来受付サポート」は、受付開始〜11:00まで、「小児病棟でのボランティア」「小児科プレイルームの飾り付け」は、13:00~16:00、「病棟患者さんと話し相手」は、14:00~16:00に活動されています。また、他の病院との違いは、活動回数の条件がないことです。通常だと、「週に1回以上」「1回あたり3時間以上」と活動時間に条件が付くことが多いのですが、長岡赤十字病院では、月1回でも都合のつく時間に活動しています。また、活動内容についてもご紹介した内容に制限せずに、ボランティアメンバーの方の得意分野を活かし様々な活動に広げていくことを方針としています。直近でも、病院の敷地内にある花壇などの手入れや園芸ボランティアをスタートすることになりました。応募資格としては、年齢制限などはなく、心身ともに健康で長期間活動いただける方を対象にしています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「済生会新潟第二病院」「柏崎総合医療センター」「西新潟中央病院」「さいがた医療センター」「佐渡総合病院」などでも病院ボランティアの活動/募集がされています。ここで紹介した病院以外でもボランティア募集をしているものの、実際はその詳細が公開されていません。これは、病院ボランティアの歴史が浅いことや、病院側がボランティア採用になかなか注力できないことの現れと言えます。

新潟県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持ってオリエンテーションに参加したり実際に活動を開始することで病院ボランティアがより充実してくることは言うまでもありません。ぜひご興味をお持ちになった方は一度お問い合わせされてみてはいかがでしょうか。