病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 岡山のボランティア募集 求人傾向

岡山の病院ボランティア傾向

岡山の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

岡山には、病院が168施設、診療所が1,380施設、介護施設が3,670施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ49万人だったものが、2020年には57万人に増加しますが、2030年には56万人とやや微減する傾向にあります。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ25万人だったのが、2020年には30万人、2030年には35万人とおよそ5万人ずつ増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、岡山県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。なぜなら、この高齢者人口の増加を今の医療スタッフだけで対応するのは限界があるためです。そこで注目を浴びているのが病院ボランティアです。実は、病院評価を行っている日本医療機能評価機構でも、病院ボランティア活動を評価の対象としています。しかし、病院ボランティアについてご存知の方はまだまだ一部の方に限られています。

では、岡山県内でボランティア活動をしている病院はどのような病院なのでしょうか。実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。岡山県にある200床以上の医療機関が18施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは21施設(200床以上の病院のおよそ33%)、またボランティアを現在も募集しているのは21施設(200床以上の病院のおよそ33%)となります。つまり、岡山の200病床以上の病院の3施設に1つはボランティア活動を行っていることがわかります。しかしこの活動率33%は、東京の活動率52%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、岡山のボランティア活動率が東京と同等かそれ以上の活動率になる可能性があると考えています。

岡山でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では、始めて病院ボランティアをスタートする方が、どんな病院でもすぐに活躍できるかというと、その答えは「No」です。病院には、心身を患っている方が来院/入院しています。健康な方を相手にする場合と違い、注意しなければいけない点がいくつかあり、この点についてフォローできるボランティア団体がおすすめできます。そのような団体の特徴にはどんなポイントがあるのでしょうか。
まず挙げられるのは「事前研修の有無」です。ボランティア参加にあたって、事前にオリエンテーションや研修を設けている団体を選びましょう。研修が事前にない病院の場合は、誰がどんな体制でボランティアを指導してくださるのか確認してみましょう。
次に挙げられるのは「ボランティア活動時間」です。病院ボランティアを行っている病院の多くでは、活動時間に制限を設けています。例えば、週に1回以上、1回あたり3時間以上の活動を継続して1年以上できる方といった具合です。しかし、ボランティアに興味を持っている方の中には週に1回という定期的な活動が難しい方もいらっしゃると思います。病院の中には、活動時間について制限を設けず短期や1時間からの活動も受け入れているところがあります。定期的に参加することが難しい方は、このように活動時間に制限のない病院を選択されるとよいでしょう。
そして最後に挙げられるのが「定例ミーティングの実施」です。定例会を行うことで、ボランティアメンバーとの円滑なコミュニケーションをとることができます。活動時間が限られているからこそ、このコミュニケーションを円滑化が活動を活発化できるかにかかっています。また、新しい取り組みを始める機会につなげることができます。

上記のポイントをクリアしている病院を観察すると、その多くが200病床以上の病院に集中しているのが現状です。200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でも通院/入院するより多くの患者さんがボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、岡山にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

岡山の病院ボランティア募集情報

岡山の病院では多くのボランティアを募集中

岡山の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、倉敷市にある「倉敷中央病院」、岡山市にある「岡山大学病院」「岡山医療センター」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

倉敷中央病院のボランティア活動

まず「倉敷中央病院」のボランティア活動は、1997年に外来フロアでの活動からスタートしまいた。
病院ボランティア内容は、外来フロアで活動している「外来受付のサポート」「車椅子の介助」「院内の案内」から病棟で行う「保育ボランティア(お子さんの遊び相手など)」「車椅子患者さんの送迎」「ちょっとした看護師さんのお手伝い」「読み聞かせボランティア」「緩和ケアボランティア」その他「院内コンサート運営」「図書ボランティア」「花壇ボランティア」「裁縫ボランティア」があります。それ以外には、看護師さんが中心になって活動している「赤ちゃん同窓会」「NICUを退院した方の集い」など多岐にわたる活動を実施しています。活動時間は、外来フロアは平日8:00~16:00、医療図書ボランティアは平日9:00~16:00に活動しています。病棟ボランティアは平日9:30~16:00に活動、花壇ボランティアと保育ボランティア、ソーイングボランティアは随時活動しています。その他のボランティアは、1ヶ月か2ヶ月に1回ほどの活動になります。応募資格として、高校生以上の方であれば年齢制限はありません。週に1回(1回あたり2時間)以上の活動が継続して可能な方が対象になります。事前にオリエンテーションと健康診断を受けていただきますオリエンテーションでは車椅子の介助方法や心得などを学びます。またボランティア保険は病院負担で加入していただきます。

岡山大学病院のボランティア活動

次に「岡山大学病院」のボランティア活動ですが、平日の日中に活動を行っています。
主な活動内容は、「診察や検査を受ける方の案内/サポート」「車椅子移動の介助」「図書ボランティア」「花壇の整備」「子供の遊び相手」があります。活動に参加できるのは、16歳以上で心身ともに健康であるかたが対象です。健康診断は病院負担で年に1回受けることができます。ボランティア保険加入が自己負担で必要になります。

岡山医療センターのボランティア活動

最後にご紹介する「岡山医療センター」の主な活動内容は「院内案内」「受付サポート」「車椅子の介助」です。活動時間は、平日8:30~15:30の間で都合のつく時間帯に活動していただいています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「万成病院」「岡山済生会総合病院」「津山中央病院」「総合病院 岡山赤十字病院」「国立療養所 邑久光明園」「旭川荘療育・医療センター」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

岡山県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。