病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 滋賀のボランティア募集 求人傾向

滋賀の病院ボランティア傾向

滋賀の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

滋賀には、病院が58施設、診療所が867施設、介護施設が2,009施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ29万人だったものが、2020年には37万人に増加しますが、2030年には39万人と微増する傾向にあります。一方、75歳以上の人口は、2010年におよそ14万人だったのが2020年には19万人、2030年には24万人と増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、滋賀県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。
なぜなら、今後の後期高齢者の人口増加を医療スタッフだけで担うのは限界があるためです。また、ボランティアが第三者として医療に関わることで、医療スタッフの士気が高まり、医療の質を押し上げる可能性が期待されています。

実際に滋賀県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。そのような病院ボランティアに参加されている方の多くはアクティブシニア世代です。なぜ、病院ボランティアにはアクティブシニア層が集中するのでしょうか。一つは、病院ボランティアの活動時間がほとんど平日の昼間に行われているためです。この時間帯に参加できるのは、専業主婦の方やアクティブシニアの方がメインとなります。また、病院ボランティアの募集は、院内ポスターや病院ホームページの一部など限られた広報に留まっているため病院と接点の多いアクティブシニア層に集中するという要素があります。しかし、現在も多くの病院がボランティアを募集されており、参加人数が増加することで様々な活動が可能になります。そこで、滋賀の病院ボランティア情報を多く発信し、多くの方が病院ボランティアに興味を持ち、参加メンバーが増えていけばと思っています。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。滋賀県には200床以上の医療機関が23施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは22施設(200床以上の病院のおよそ48%)、またボランティアを現在も募集しているのは11施設(200床以上の病院のおよそ48%)と、200床以上の病院が全てボランティアを募集中であることがわかります。このボランティア活動率は、三重県の23%と比べるとおよそ2倍で一見ボランティア活動が活発的に見えますが、東京の52%や長野の67%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。そこで多くの病院ボランティア情報を発信することで、東京や長野と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

滋賀でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

このような背景を踏まえ、今後、病院でボランティアをやってみたいという方におすすめできる病院の3つの特徴をご紹介します。一つは、活動時間に厳しい条件を設けていない病院ボランティアです。病院によっては、週に何回の活動、1回あたり何時間以上の活動を原則としているところがあります。活動時間の柔軟性は、それぞれの病院によって様々ですが、中には「月1回でも、1時間からでも参加可能」という病院もあります。このような病院ボランティアは、予定の変更でボランティアに参加できなくても、他のスタッフの方がフォローできる体制が整っていることが多くあまり負担を感じずにボランティア活動を継続することができます。
二つ目の特徴は、定例会を設けているボランティア団体です。
定期的にボランティアメンバーで集まって、活動中に疑問におもったことや改善したいことを話し合う機会を設けているところは意外と少ないのが現状です。ボランティア活動を行うにあたって看護師さんやヘルパーさんと改善案や、運用方法について話し合いを行っている場所は活動の意義を感じやすく結果的にやりがいにつながります。
最後の特徴は、健康診断やボランティア保険といった、活動にかかる費用について負担がある病院です。通常、病院で活動をするにあたって自分自身の健康や患者さんの健康を阻害しないために、健康診断を受けることを応募条件としている病院があります。これらの病院の中には、健康診断費用を負担したり、病院内の健康診断を無料で受けられたりする場所もあるので事前に確認されることをおすすめします。また、ボランティア活動の行き来や活動中の事故に備えるためにボランティア保険加入を原則としている病院は多く、これらの費用を病院で負担されるところも少なくありません。

ボランティアは無償の活動ですが、このように活動にかかってくる費用負担を病院側で対応してもらえるのはボランティア活動をする身としてはとても助かる支援です。これらの特徴を備えている病院は、200床以上のところが多くなります。その中でも、ボランティア活動暦が長く、ボランティアメンバー数が多いところであれば安心して活動できるでしょう。事前研修や勉強会も活発で、活動内容も多様な場合が多いので、興味のある活動に安心して参加できるためです。
では、200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でも通院/入院するより多くの患者さんがボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、滋賀にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

滋賀の病院ボランティア募集情報

滋賀の病院では多くのボランティアを募集中

滋賀の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、大津市にある「大津赤十字病院」や「滋賀医科大学医学部附属病院」、守山市にある「滋賀県立成人病センター」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

大津赤十字病院のボランティア活動

まず「大津赤十字病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、「外来の受付補助/案内/車椅子などの補助」「巡回図書の運用」「病棟患者さんの傾聴」「医療材料の準備業務」「院内コンサート」が主な活動となります。活動時間は、平日日中の間にそれぞれの活動時間があります。

滋賀医科大学医学部附属病院のボランティア活動

次に「滋賀医科大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
主な活動内容は「外来での院内案内/再来受付機の案内/車椅子の介助」と「図書ボランティア」をメインに行っています。外来ボランティアの活動時間は、平日8:25~11:00の都合のつく時間に週に1回活動をしています。図書ボランティアは、平日11:00~13:00と13:00~15:00の2つの時間帯に2名ずつ交代制で院内図書の貸出や整備を行っています。現在は、外来ボランティアのみ募集中ですので、ご興味のある方は事前に募集状況に変更がないか確認されるとよいでしょう。

滋賀県立成人病センターのボランティア活動

最後にご紹介する「滋賀県立成人病センター」は、現在約80名の方が参加されている大きな病院ボランティア団体です。活動内容も多岐にわたり「外来ボランティア(病院案内、車椅子介助など)」「園芸ボランティア(敷地内の花壇整備)」「裁縫ボランティア(カバー裁縫)」「緩和ケア病棟ボランティア(マッサージ、ティーサロン開催)」「絵画/写真ギャラリーボランティア」を行っています。活動時間は、平日の日中に各ボランティア内容によって違うため事前に都合のつく時間帯に自分の参加したいボランティアがあるか確認されることをおすすめします。ボランティア参加にあたって、保険に入る必要があり、費用は自己負担となります。年1回の健康診断を受けていただく必要がありますが、こちらは病院が費用を負担しています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「大津市民病院」「長浜赤十字病院」「彦根市立病院」「公立甲賀病院」「近江八幡市立総合医療センター」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

滋賀県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。