病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 鳥取のボランティア募集 求人傾向

鳥取の病院ボランティア傾向

鳥取の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

鳥取には、病院が45施設、診療所が437施設、介護施設が1,248施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ16万人だったものが、2020年には18万人に増加し、2030年まで18万人を維持する傾向にあります。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ8万人、2020年には9万人、2030年には11万人と徐々に増えてくることがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、鳥取県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。なぜなら、今後の後期高齢者の人口増加を医療スタッフだけで担うのは限界があるためです。今でさえ、医師/看護師/介護士の人材不足が叫ばれているのに、さらに対応する人数が増えると医療崩壊を引き起こす可能性さえ秘めているのです。そこで注目を集め始めたのが「病院ボランティア」になります。最近では、日本医療機能評価機構(病院を第三者として評価する公益財団法人)でも、評価の対象として病院ボランティアをピックアップし始めています。

現状、鳥取県内にある多くの病院でボランティア活動は行われています。このような病院ボランティアで活躍されている方は、ほとんどがアクティブシニア世代です。これは、病院ボランティアが平日の日中に行われることが多く、平日仕事をしている方々の参加を難しくしているためです。また、病院ボランティアの存在を知る手段が少なく、現状の院内ポスターなどの限られた手法だけでは、なかなか人数を増やせないという現状があるためです。
結果的に、病院への来院や入院によって接点を持ったアクティブシニア層が、病院ボランティアに集中するという現象が怒っています。逆に言えば、活動時間が土日にも広がり、病院ボランティアの募集方法も多様になることで、さらにボランティアに興味を持つ人々が増える可能性があるということを意味しています。
そこで、このミックスアップ(このサイト名)では、鳥取の病院ボランティア情報を多く発信していきます。この活動によって、多くの方が病院ボランティアに興味を持ち、参加メンバーが増えていけばと思っています。またボランティアに参加されている方の声や、病院ボランティアの内容を具体的に伝えていければと考えています。

病院ボランティアに積極的な病院は、病床数200床以上の総合病院が多い傾向にあります。ちなみに、鳥取県には200床以上の医療機関が21施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは7施設(200床以上の病院のおよそ33%)、またボランティアを現在も募集しているのは7施設(200床以上の病院のおよそ33%)と約3分の1の施設でボランティア活動を行っていることがわかります。この200病床以上のボランティア活動率は、東京の52%と比べると低くまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、東京と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

では、実際にボランティア活動をしている病院の傾向をご紹介します。
実は、病床数200床以上の総合病院や大学病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。鳥取県には200床以上の医療機関が15施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは8施設(200床以上の病院のおよそ53%)、またボランティアを現在も募集しているのは8施設(200床以上の病院のおよそ53%)となっています。この200病床以上のボランティア活動率は、長野の67%と比べるとまだまだ活動余地があります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、長野と同等、それ以上の活動率に繋がる可能性が高くなると考えています。

鳥取でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では、病院ボランティア初心者の方にとってどんな病院でも活動しやすいかというと、残念ながらそうではありません。そこで、初心者の方でも安心して活動し続けられる病院の特徴についてご紹介したいと思います。まずは「活動に参加する前に研修がある」という点です。研修があると、患者さんへの接し方や車椅子の使い方などを事前に学んだ上で活動できるので、最初に抱きやすい不安を最小限にしてスタートを切ることができます。そして「定例ミーティングがある」という点です。定例ミーティングには2つの意味があります。一つはスタッフ間のコミュニケーションです。コミュニケーションが円滑なボランティアほど、様々な活動を展開する傾向にあります。もう一つの意味は、ボランティア活動内でのヒヤリハットなどを拾い上げて大きなトラブルを未然に防ぐ意味があります。最後に「ボランティア保険加入が義務づけられている」という点です。保険内容によって違いがありますが、ボランティア通勤時の事故や活動中のトラブルを最終的にカバーしてくれる安心材料になります。ボランティア団体内で保険がない場合でも、個人で加入されることをおすすめします。

このようにいくつかの特徴を持ち合わせている病院のほとんどが、病床数200床以上の病院になります。
では、200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのがほとんどです。しかし、病院ボランティアの輪が広がることで中小規模の病院でもボランティアの恩恵を受けられるようになります。では具体的に鳥取にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

鳥取の病院ボランティア募集情報

鳥取の病院では多くのボランティアを募集中

鳥取の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、米子市にある「鳥取大学医学部附属病院」「米子医療センター」や鳥取市にある「鳥取市立病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

鳥取大学医学部附属病院のボランティア活動

まず「鳥取大学医学部附属病院」のボランティア活動についてご紹介します。
病院ボランティア内容は、外来では、「外来受付の代筆や取り扱いの説明など」「車椅子サポート」「手話/通訳ボランティア」「院内案内」等、患者様へのちょっとした思いやり活動が中心となります。病棟では、「食事時の介助」「本読み/話相手」「児童への学習支援/遊び相手」等の活動を行っています。活動日は、平日の9:00~17:00の間で都合のつく時間帯に参加いただいています。

米子医療センターのボランティア活動

次にご紹介する「米子医療センター」の主な活動内容は、外来での「外来受付の補助」「外来駐車場の誘導」「院内の施設案内」「車椅子の介助/誘導」や、外来以外で「庭木の手入れ」「イベント運営」などがあります。活動日時は公表されていません。具体的な活動時間については病院へお問い合わせ願います。

鳥取市立病院のボランティア活動

最後にご紹介する「鳥取市立病院」の病院ボランティアの主な活動内容は、外来では、「外来受付サポート」「車椅子の介助」「通訳ボランティア/手話対応」、病棟では、「小児科病棟での読み聞かせ」「CDの貸出サポート」「傾聴」「図書サービス」、その他「花壇の整備」や「院内イベントのサポート」を行っています。活動日は平日で、活動時間は活動内容によって違います。外来ボランティアは、午前9:00~11:00、病棟ボランティアは午後13:00~16:00です。その他、環境整備活動や患者様向けイベントのボランティアは、随時変動します。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「鳥取医療センター」「鳥取赤十字病院」「鳥取県立中央病院」「鳥取県立厚生病院」「鳥取生協病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

鳥取県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。