病院ボランティア情報サイト|ミックスアップ

病院ボランティア検索/応募/募集サイト【ミックスアップ】

ホームボランティア募集傾向 > 和歌山のボランティア募集 求人傾向

和歌山の病院ボランティア傾向

和歌山の病院ボランティアニーズは益々高まる傾向

和歌山には、病院が86施設、診療所が979施設、介護施設が2,264施設あります。
65歳以上の高齢者人口は、2010年はおよそ27万人だったものが、2020年には31万人に増加しますが、2030年には30万人とやや微減する傾向にあります。しかし75歳以上の人口を見ると、2010年におよそ14万人だったのが、2020年には17万人、2030年には19万人と増加することがわかっています。(国立社会保障・人口問題研究所(2013年3月推計)調べ)

この人口推移からもわかるように、和歌山県の病院や介護施設でのボランティアのニーズはますます高まります。この背景には、今後の後期高齢者の人口増加を医療スタッフだけで担うのは限界があるという状況があります。病院ボランティアの重要性を裏付ける例として、病院を第三者によって評価している日本医療機能評価機構は病院ボランティア活動がおこなわれていることが評価の指標になっています。

実際に和歌山県内にある多くの病院でボランティアを募集されています。そのような病院ボランティアに参加されている方の多くは現役をリタイヤされてもなお充実した生活を送るアクティブシニア世代です。それぞれの得意分野を生かして病院ボランティアで活躍されています。では、なぜ病院ボランティアにアクティブシニア層の方々が集中するのでしょうか。そこには2つの要因が関連していることに気付かされます。一つは、病院ボランティアの活動時間がほとんど平日の昼間に行われているためです。もう一つは、病院ボランティア広報が限られた方法に止まっている点が挙げられます。病院ボランティアの活動時間が土日にも広がることで、参加する層も広がりを見せるでしょう。一部の病院では土曜日でもボランティア活動を行っているところもあります。また病院ボランティアの存在は、現状院内にポスターを張るなどの方法に限られています。そのため、病院に訪れた時にしかその存在に気づくことができません。病院と接点が少ない若い世代にも病院ボランティアの情報を届けることができれば、より多くの参加者を募ることができるのではと考えています。そこで、和歌山の病院ボランティア情報をインターネット上でも発信していけばと思っています。看護師や介護ヘルパー不足によって、現場スタッフだけではなかなか手の届かない細やかなサービスの提供ができるようになるのです。

では、実際にボランティア活動をしている病院はどのような病院でしょうか。
実は、病床数200床以上の病院が積極的にボランティアを募集される傾向にあります。和歌山県には200床以上の医療機関が18施設ありますが、そのうち病院ボランティアの活動をしているのは9施設(200床以上の病院のおよそ50%)、またボランティアを現在も募集しているのは9施設(200床以上の病院のおよそ50%)となっています。このボランティア活動率は、長野の67%と比べるとまだまだ活動余地があることがわかります。多くの病院ボランティア情報を発信することで、長野と同等、それ以上の活動率になる可能性が高くなると考えています。

和歌山でおすすめしたい病院ボランティアの特徴

では、これから病院でボランティアをやってみたいという方におすすめできる病院の特徴をご紹介します。
まず「ボランティア人数が多い」という点です。人数が多いと、急な休みに柔軟に対応できるようになります。次に「ボランティア保険加入がある」という点です。ボランティア場所への通勤時の事故や、活動中の思わぬ事故に対応するためにこのような保険加入を前提としている病院が増えています。中には病院側で費用を負担しているところもあります。最後に「ボランティア活動報告書を出している」という点です。ボランティア内容の報告書を公開していると、外部の方が活動内容を具体的にしることができるだけでなく、活動メンバーが内容を振り返って改善すべき点などを話し合っていることが多く、ボランティア内容がよりよくなっていく可能性があるためです。

病院ボランティア初心者であれば、上記3点をクリアしている近所の病院でボランティアを探すことをおすすめします。一般的にはこれらの条件をクリアしている病院は病床数が多い総合病院や市立病院が対象になることがほとんどです。では、200床以下の中小規模の病院はというと、ボランティアのニーズはあるものの活動のスタートがきれていないのが現状です。ボランティアに参加する方が増えることで、このような中小規模の病院でも通院/入院するより多くの患者さんがボランティアの恩恵を受けられるようになります。そこで、「ちょっとボランティアに興味があるな」という方々が安心して病院ボランティアに参加してもらえるように、和歌山にある病院ボランティアの事例をいくつか紹介したいと思います。

和歌山の病院ボランティア募集情報

和歌山の病院では多くのボランティアを募集中

和歌山の病院では多くのボランティア募集がされています。
例えば、和歌山市にある「日本赤十字社和歌山医療センター」や「和歌山県立医科大学附属病院」、日高郡美浜町にある「国立病院機構和歌山病院」などがあります。これらの病院のボランティア活動について一つずつ紹介します。

日本赤十字社和歌山医療センターのボランティア活動

まず「日本赤十字社和歌山医療センター」のボランティア活動についてご紹介します。病院ボランティア内容は、「外来受付の補助」が主な活動となります。活動日は平日です。しかし活動時間は公表されておりませんので、ご興味のある方は直接病院へご連絡をお願いいたします。応募資格として、継続して活動に参加できる方を対象としています。

和歌山県立医科大学附属病院のボランティア活動

次に「和歌山県立医科大学附属病院」のボランティア活動ですが、現在約90名の方がメンバーとして参加されています。主な活動内容は、外来では、「受付の補助」「院内案内」「介助」です。病棟の活動は、「病棟間の車椅子介助」「食事介助」「話相手」「小児病棟で読み聞かせ/遊び相手」「ソーイング活動」「本の補修作業」「車椅子や機器等の点検や修理」と幅広く活動されています。外来の活動時間は、平日8:50~11:50と11:50~14:50、どちらか希望の時間を選んで活動できます。時間の調整は可能です。病棟の活動時間は、平日の午前・午後の時間帯で、都合のつく時間帯に参加いただいています。

国立病院機構和歌山病院のボランティア活動

最後にご紹介する「国立病院機構和歌山病院」の主な活動内容は「外来受付の補助」「作品制作及び展示」「院内図書室/貸出」「障害児病棟でのお手伝い/本読み」です。活動日時は直接確認をお願いしています。

ここで紹介した3つの病院以外にも、「紀南病院」「新宮市立医療センター」「橋本市民病院」「和歌山県立こころの医療センター」「橋本市民病院」「紀和病院」でも病院ボランティアの活動/募集がされています。

和歌山県の多くの方が、病院ボランティアに興味を持って説明会に参加したり実際に活動することで病院ボランティアの内容がより充実してきます。